本サイトについて

本サイトは日本初の理系専用就活ガイドブック「理系のためのキャリアデザイン -戦略的就活術」をベースに、理系の大学生・大学院生が、いかにしてその特性を生かして、ちまたに情報のあふれかえる文系に負けない、戦略的な就職活動ができるかをサポートするためのものです。平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても合わせて解説していきます!
2015年からの就活時期変更にも対応表があります。

 

アマゾンは欠品することがあります。そんな時は
ジュンク堂・丸善http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?isbn=9784621088258 
生協http://www.honyaclub.com/shop/g/g16171752/などでも入手可!)


理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術(丸善出版)
現状把握編「理系の就職とは」
戦略構築編「敵と己を知る」
就活実践編「戦略的就活の展開」

の各編と、それぞれの章の中からランダムにトピックを選び、順次開設していきます。それぞれの記事では参照ページを示していますので、本を読んだ方はそのページの主旨と合わせて読むことで、より深い理解ができることを目指しています。


本の感想や質問なども、メール(アドレスはサイト右側に)をいただければ、本サイトで紹介したり返信できる場合もあります。(返信を確約するものではありません)
文系に負けない就活の成功を祈ります。

NEW!

マイナビ2019・理系マイナビ「理系就活の進め方」

理系就活の全体像

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/

就活準備編(自己分析)

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/01.html

企業研究編

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/02.html

今後さらに公開が進みます。

 

 

日本経済新聞の学生向け情報サイト「日経カレッジカフェ」連載記事

理系学生のための企業研究

(1)時間とエネルギーをかけないで進める方法とは?」
http://college.nikkei.co.jp/article/85045216.html

(2)「ゲームが好きだからゲーム会社」でいいの?」

http://college.nikkei.co.jp/article/85213217.html

(3)会社がほしいのは社会貢献より「会社」貢献する人

http://college.nikkei.co.jp/article/85224918.html

(4)効率良く就活するにはビジネスモデルの理解から

http://college.nikkei.co.jp/article/86262715.html

(5)なぜ外資金融の新卒は1000万円もらえるのか?

http://college.nikkei.co.jp/article/87242915.html

(6)公募か? 推薦か? OBとの交流は情報の宝庫(最終回)

http://college.nikkei.co.jp/article/87255615.html

 

リケ就のコミュ力講座
(1) コミュニケーションの原則〜「しゃべり上手」でなくていいワケ

(2) 理系の落とし穴〜「しゃべらな過ぎ」と「しゃべり過ぎ」

 
マイナビ2018・特集「理系の選択」総合プロデュース
Vol.1 理系就活の全体像
(特集末に、増沢の特別インタビュー)
      
 
2015年経団連の時期変更についてはこちらで解説しています。

【重要】2017卒就活スケジュール  p.117「一般的理系就活スケジュール例」改定

http://rikei.rm-london.com/?eid=62

 

 

作者

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

 

 


インターンシップで爪痕を残すべき  ?・・・・(p.118 インターンシップ) 

永遠のテーマともいえる「インターンシップに参加すべきかどうか」については本書p.118に書きました。

今既に参加している人もいるでしょう。

 

最近はワンデーはじめ、短期のインターンシップが激増しているので、なかなか印象を残すと言っても簡単ではありません。

せっかく参加したので、何らかの爪痕を残したいという思いは誰にもあるのではないでしょうか。

その考え方は間違いではないと思います。

 

ところで私は昨日もまたテレビ番組に出演しました。

ワイドショーのコメンテーターとして、ガダルカナル・タカさんや萱野教授らとともにスタジオで(よく出演するのはビデオ収録で、事前に決まった内容を話しているところを録画するもの)生出演です。

こんな時にいつも考えるのは、「爪痕を残すべきか?」です。

 

いや、残すべきだと思うのですが、それは一歩間違えると自らの立場を危うくします。インターンシップも同じですよね。

例えば変な服装や変な髪形など、外形的な特徴をアピールすればそれだけで目立ちます。

 

予備校の先生で不思議な服装で授業する方が昔からいますが、これは典型的外形的特徴を売る例です。

しかし予備校のように定期で毎回必ず授業が設定されている場合は良くても(必ず契約内なら次回がある)私やインターンシップの皆さんは「次がある」かどうか、誰にもわかりません。

 

下手に悪目立ちしてしまえば次は無いことになります。

芸能人で「タメ口キャラ」が流行ると便乗し、意図的になれなれしい話し方をしても、結局本家にかなわずウザがられて二度と呼ばれなくなるタイプです。

 

これは何としても避けたい。

結局私は「前に出たい」とは思うものの、特別なことは何もせず、打合せ通りの進行に従って収録は終わります。昨日もそうでした。突如ISISニュースが飛び込んできて、台本が大幅に変わり、かなりアドリブで対応しなければならない部分が増えましたが、これは台本にないことを話すのではなく、台本通りに信仰しないでバンバン内容を飛ばして進むというものでした。

 

プロの話し手でも大変なのに、素人の私が・・と思いましたががんばって流れを読み、着いていきました(そのつもり)

1時間近い収録が終わってどっと疲れました。

(本気で疲れてその後喫茶店で1時間死んでた。ケーキで生命維持しつつ)

 

結果として一度テレビに出ただけで終わるかと思っていた私ですが、ここ何年もバラエティやニュースに呼んでいただけています。

細々とした出演ではありますが、これはこれで私の立場なら大成功だと思っています。

 

「テレビを見た」ということで講演や講座のご依頼もいただけるし、大学講義でのつかみにテレビ話はウケるし。

 

と、いうことは、「爪痕残せず、台本進行通りにやった」ことは失敗ではないのではないでしょうか。

ビジネスは結果がすべて。

結果として仕事が続いているということは失敗ではありません。成功と言ってよいと思います。

 

であればインターンシップにおいて爪痕残せなかったなというあなたも、失敗だとは思いません。

この後、お礼メール送る等、礼儀正しく対応しておけば、本番の就活でもきっとインターンシップの経験は無駄にならないでしょう。

無理やり爪痕残そうとして却って嫌われるより、この方がビジネスセンスを感じさせる対応だと思います。

 

何もできなかったという方、その思いを記録し、後で就活本番で使えたら、きっと良いエピソードになると思います。ただし!p.119にあるように、(これはほぼ理系院生)先生との関係性は十分注意して下さい。

 

 


今日の参照ページ 

p.118 インターンシップ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


ヤフーニュース「不倫をしても許されるのはなぜ?プロが見抜く「良い謝罪」のポイント」

ヤフーニュースで公開された増沢のインタビューです。

 

不倫をしても許されるのはなぜ?プロが見抜く「良い謝罪」のポイント(ホウドウキョク)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00010000-houdouk-life

 

芸能人の不倫や政治家の失言、不正確な記事や著作権侵害などによる謝罪会見が相次ぎ世間をにぎわせた。その波は、今年に入ってもいまだ収まる気配はない。対応の仕方によって、無事に鎮静化するものがあれば、なかにはさらに炎上してしまうケースも…。

そこで、謝罪のプロにいくつかの謝罪会見を事例としてピックアップしてもらい、見習うべきポイントややってはいけないポイントを教えてもらった。

危機回避は謝罪の仕方次第で決まる!「悪い謝罪」例に見る謝罪のポイントは?

今回ご協力いただいたのは、『謝罪の作法』(ディスカバー・トゥエンティワン)の著者でコミュニケーション専門家の増沢隆太さん。増沢さんは、「前提として、私の中の『謝罪』というのは、あくまでもコミュニケーションの一環です」という。

 

続き

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00010000-houdouk-life
 

 

JUGEMテーマ:就職活動


テレビでコメント、なんで?・・・芸術や研究を仕事としたい人へ

8/11の日本テレビ系よみうりテレビ「ミヤネ屋」で雨上がり宮迫さんの釈明についてコメントしました。

全然就活関係ないじゃん!と思うでしょ?

 

私は芸能の専門家ではありませんが、コミュニケーションや情報管理という視点で、重々関係あるんです。

 

例えば機能の番組は正午からライバル局フジテレビで宮迫さんが生出演で釈明をします。

私が出るのは日本テレビ系なので、当然事前に内容もわからないし、どんな方向に進むかもわかりません。

 

テレビというのは好き勝手しゃべって良い訳ではなく、また今時好き勝手しゃべるだけだと下手すれば自分が炎上してしまいます。まあ私のようなフリーみたいなチビ会社の場合、炎上商法で返って知名度が上がることもあり、それを狙ってわざと炎上しやすいことをいう売れないタレントさんなどもいるくらいです。ですが、どんな場合も「コミュニケーション専門家」という立場でコメントしたいので、単に目立つだけの発言はしません。

 

でも先行きが全く読めない中、その発言が全国に伝わるという緊張感はおわかりいただけるでしょうか。

手持ち情報などほぼゼロでのコメント。「知らないからできない」「よくわからないので話せない」は全く通用しません。

 

「面接で緊張して話せない」という相談をよくいただきますが、仕事なので「話せなかったら終わり」なのが私の立場です。

 

「話せない」ではなく、「話すしかない」のです。(超売れっ子芸能人なら「いるだけ」で仕事になります)

それができなければ仕事にならず、次の仕事依頼は来なくなります。

 

ある意味好きなことを仕事として長年やってきた私です。ですが、当然好きなこと「だけ」仕事にしている訳ではありません。

 

 

超売れっ子と無名の私の立場は平等ではありません。

でもこれが市場社会です。

放っておいても次々仕事が来る売れっ子の人と、自らあらゆる機会で売り込んで自分の力で仕事を取る無名の私は全く置かれる環境が違います。

 

なので「自ら動く」のです。

動くことがなければ私は好きなことで仕事もできないし、そもそも好きなことを何年も継続できないでしょう。

 

芸術を仕事にしたい人

好きな研究を仕事にしたい人

「そんなので食えるか?」という大人はいませんか。価値観はさまざま。キャリアもさまざま。他人の言うことが正しいかどうかなど誰にもわかりません。

ただ私はキャリアを教える際、「正解」を教えるのではなく、自分の責任と自分の判断する道を教えることに注力しています。

その結果の決断はすべて自己責任。

 

少なくとも「好きなことを仕事にしたい」のであれば、そこには全責任が伴います。

逆に好きかどうかわからない、あまり好きじゃないけどそこしか内定先が無い、というキャリア選択をしている人は全国で何百万人もいると思います。

 

学生の皆さんが大嫌いな営業職は販売職、サービス職と合わせたらおそらく全就業人口の2/3以上、つまりほとんど半分以上の働いている人は本意ではない仕事で働いていると推定できます。

でもそれが不幸かどうかは本人だけがわかります。

 

自分の好きなことを仕事にできないことが不幸では絶対にありません。

どう自分で考えるか。

逆に自分の好きな道を選んだために死ぬ思いで苦労している人、芸術や研究の世界では普通のことです。

 

それでも芸術系の勉強をし、それを一生のキャリアとしたいと強く思うなら進むべきです。

理系の専門の勉強をした人、大学院修士課程、博士後期課程まで進んで研究した人が、自分のやりたい研究を一生続けたい、のも自由です。

そこには不本意な就職をした場合と比べ、考えられないほどの厳しい現実もあることでしょう。そこまで覚悟を決めて、決して安易な道ではないことを背負える人だけが選べる道だと思います。

 

それが好きなことを仕事・キャリアにする人の宿命だとわかって選ぶ分にはぜひとも応援したいと思っています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


インターンシップと就職の関係 2015年の記事を今読む

2015年にITビジネスメディアに掲載された記事ですが、今、インターンシップに参加しようか考えている人、参加し損ねたヒトの参考にどうぞ。

 

インターンシップと就職の関係を語ろう

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/05/news064.html

「インターンシップに行くと就職に有利」といった声がありますが、本当でしょうか。「就職活動」は企業側から見れば「採用活動」という、事業の一環。学生の感覚とは異なるビジネスの世界の感覚を理解することで……。

 

インターンシップは何のためにあるのか――。当然のことですが、就業体験というのがインターンシップそのものであり、目的でもあります。ですが実際にインターンシップをもって事前選考をしたり、そもそもインターンシップをしないとエントリーできない企業があるのも事実です。また大学によっては単位認定する「科目」としてインターンシップがある場合もあります。さらには3カ月程度〜半年滞在し、プロジェクト的な一回りを果たす、主に理系博士学生向けの長期インターンシップもあれば、ワンデーインターンシップという、1日限りのものもあります。

 

続き

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/05/news064.html

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


| 1/27PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM