本サイトについて

本サイトは日本初の理系専用就活ガイドブック「理系のためのキャリアデザイン -戦略的就活術」をベースに、理系の大学生・大学院生が、いかにしてその特性を生かして、ちまたに情報のあふれかえる文系に負けない、戦略的な就職活動ができるかをサポートするためのものです。平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても合わせて解説していきます!
2015年からの就活時期変更にも対応表があります。

 

アマゾンは欠品することがあります。そんな時は
ジュンク堂・丸善http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?isbn=9784621088258 
生協http://www.honyaclub.com/shop/g/g16171752/などでも入手可!)


理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術(丸善出版)
現状把握編「理系の就職とは」
戦略構築編「敵と己を知る」
就活実践編「戦略的就活の展開」

の各編と、それぞれの章の中からランダムにトピックを選び、順次開設していきます。それぞれの記事では参照ページを示していますので、本を読んだ方はそのページの主旨と合わせて読むことで、より深い理解ができることを目指しています。

 

本の感想や質問なども、メール(アドレスはサイト右側に)をいただければ、本サイトで紹介したり返信できる場合もあります。(返信を確約するものではありません)
文系に負けない就活の成功を祈ります。

日本経済新聞の学生向け情報サイト「日経カレッジカフェ」連載記事

NEW!

理系学生のための企業研究

(1)時間とエネルギーをかけないで進める方法とは?」
http://college.nikkei.co.jp/article/85045216.html

(2)「ゲームが好きだからゲーム会社」でいいの?」

http://college.nikkei.co.jp/article/85213217.html

(3)会社がほしいのは社会貢献より「会社」貢献する人

http://college.nikkei.co.jp/article/85224918.html

(4)効率良く就活するにはビジネスモデルの理解から

http://college.nikkei.co.jp/article/86262715.html

(5)なぜ外資金融の新卒は1000万円もらえるのか?

http://college.nikkei.co.jp/article/87242915.html

(6)公募か? 推薦か? OBとの交流は情報の宝庫(最終回)

http://college.nikkei.co.jp/article/87255615.html

 

リケ就のコミュ力講座
(1) コミュニケーションの原則〜「しゃべり上手」でなくていいワケ

(2) 理系の落とし穴〜「しゃべらな過ぎ」と「しゃべり過ぎ」

 
NEW!
マイナビ2018・特集「理系の選択」総合プロデュース
Vol.1 理系就活の全体像
(特集末に、増沢の特別インタビュー)
      
 
2015年経団連の時期変更についてはこちらで解説しています。

【重要】2017卒就活スケジュール  p.117「一般的理系就活スケジュール例」改定

http://rikei.rm-london.com/?eid=62

 

 

作者

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

 

 


面接で危ないのは「イケる」と感じた時と「落ちた」と感じた時

Insight NOWに掲載されました。

 

「面接で危ないのは「イケる」と感じた時と「落ちた」と感じた時」(増沢隆太)

https://www.insightnow.jp/article/9630

就活大学生は面接まっさかり。内定(内々定)を得た学生が意気揚々と報告に来てくれる反面、現時点で内定ゼロ、無い内定状態、持ち駒ゼロという学生の相談もあります。面接は何といっても就活のクライマックス。ESやWebテストと違い、面接を通過できずに採用されることは絶対にありません。

 

1.「イケる」と思った時の危うさ

何だか今日の面接は調子が良く、言葉もスパスパ出てくる。面接官の質問もほぼ想定通り

 

続きは

https://www.insightnow.jp/article/9630

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


秋田美大「キャリアデザイン」講座を終えて コミュニケーション講座

今年度は秋田公立美術大学の2年生向けキャリアデザイン講座と3年生向けキャリアデザイン講座で3回ずつ講義を行いました。

昨年から講座を行っている秋田美大ですが、私にとっても初めての芸術・美術大学ということで、毎回新たな気付きがあります。

 

 

特に美大生がコミュニケーションとマーケティングに感心を持っている人が多いことが驚きでした。しかしこれはすばらしいポテンシャルで、芸術というセンスと結果だけで評価がなされる世界に早くから身を置いている美大生は、「結果で評価」のビジネスの世界と実は非常に相性が良いのです。

 

その美大生がコミュニケーションとマーケティング力を身に着けた、ほぼ鬼に金棒でしょう。大学レベルのビジネス知識であれば、自分で勉強するだけで知識程度はすぐキャッチアップできますが、こうしたビジネスセンスは4年間かけて涵養した成果が確実に出るでしょう。

 

コミュニケーションに関する質問が毎回多く、個人相談に来る学生もいます。しかし残念ながらコミュニケーションの講義はやりたいが、今はできないので(私は大学院広域科目やキャリア科目として1単位90分x7回の「コミュニケーション戦略論」などの講義をやっていました)、「戦略思考で鍛える「コミュ力」」の以下の部分を特に読んでいただいて、講座に代えてほしいと思います。

 

特に3章p.134「話がわかりにくい」人のためのロジカルな伝え方、p.143「主たる情報を絞る」を参照して下さい。

 

戦略コミュニケーションの要諦は、コミュニケーションを通じて成し遂げたいことの明確化です。それを主たる情報としてまとめ、伝わりやすくロジカルに組み立てることで目的達成となる。この基本的な構造は就活だけでなく、社会人として活動する上できわめて有効なのです。

しゃべり方の参考書では、どれだけ理解しても話すという一方的な技術が身に着くところが頂上。しかし話す技術以上に、コミュニケーションによる目的達成という構造理解ができれば、話方自体が多少下手でも目的達成できれば良いという戦略思考に変わることができます。

 

ぜひそうした思考のトレーニングを積んで、実戦コミュニケーションの舞台である就活で活用してほしいと思います。

 

「戦略思考で鍛える「コミュ力」」 税別780円

アマゾン以外でも販売中(アマゾンはしょっちゅう品切れになるので)

セブンネット

http://7net.omni7.jp/detail/1106449876

e-Honネット

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033143424&Action_id=121&Sza_id=C0

楽天

http://books.rakuten.co.jp/rb/12909025/

 

JUGEMテーマ:就職活動


日大生物資源科学部、大学院生キャリア講座

昨年初めて講義を持たせていただいた日本大学生物資源科学部では、今年度も「大学院キャリア講座」(全3回)を担当いたします。

その第1回目が6/12に終わったところです。

 

大学院向けということですが、昨年同様に学部生が半分以上来てくれました。

M1学生はもちろんですが、今まさに就活真っ最中のM2やB4学生も熱心に話を聞いてくれました。

 

しかし今回は6月ということで、一応テーマは就活の全体像です。具体的なテクニックを求めたB4やM2学生には少し物足りないところがあったかも知れません。それは今回のテーマが実戦ではないからです。

本書とこのブログをざっと眺めるだけでも、テクニカルな情報は得られます。ただ、今就活注の人も、「全体像」をあらためてみて奥のは決して後戻りではありません。

アンケートで「自分のやり方が間違っていた」と書いてくれた学生がいますが、間違えてそのまま突っ走っても成果には多分たどり着けないでしょう。

そうではなく、ただしい方法や方向性に気付けば、その瞬間から軌道修正すれば良いのです。遅すぎることはありません。

人間心理として、これまで進めてきたことややり方を変えるのは本能的に不可能です。本能の抵抗を抑えるにはとてつもない強い意志の力がいることでしょう。

 

************

講義の中で言っているのは、私は答を教えに来てはいないということです。

 

就活テクニックやノウハウのようなことにも当然触れるのですが、あくまでそれはオマケ。

就活を「戦略的」に行うためには、「答」ではなく、考え方がすべてです。答を求めている限り、刻々と環境が変わっていく就活の過程で、そうしうた変動に付いていくことができません。

 

だから学生である皆さんの「思考」を変えることこそ、私の役割なのです。

 

今年は秋田公立美大の2年向け、3年向けキャリア講座も担当しました。美術系芸術系の学生に伝えることも全く同じです。私は理系的知識も研究も経験はありません。美術・芸術も同じです。つまり私は自分の経験から語っているのではなく、あくまで戦略思考という考え方に基づいて、受講生の思考訓練を行っているのです。

 

これが機能した学生は、理論上どんな選抜でも、どんな業界・企業・職務でも対応ができるようになるはずです。

本書で繰り返し述べている戦略観の重要性とはこのことです。

 

基本に立ち返るのは、就活が進んでいても同じです。本書をくりかえし辞書のように引きながら、課題や壁にぶち当たるたびに参照してくれれば、大きな起動逸脱をする恐れはなくなります。選考が進んで焦ってきたり、希望の会社でないところばかり話が進み、なかなか希望先の選考が進まない等、予定調和で終わらないことは当然普通にあり得ます。そんな時の焦りとの戦いにはこのブログ含め、伴走者としての本書がお役に立つと信じます。

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


「内定は進む」環境下での心構え

当ブログでも、私の講座でも言ってきましたが、6/1が過ぎ、どんどん内定(内々定)が出始めました。

既に内定を得た方で複数内定をもらった場合、この後どこかに絞るというもう一つの大仕事があります。(これについてはまた次回以後)

 

まだ内々定に至っていない方、粛々とやるべきことを進めるだけです。

今自分を卑下したり、他人をうらやんでも何一つ「生産性」は上がりません。

 

こんなところでも「生産性」という考え方は大事ですよ。

 

ビジネスの世界は善悪や正誤の二者択一では決まりません。

濃いグレーと薄いグレーのグラデーションです。

 

「雑念を捨てろ」といわれても難しいと思います。しかし仕事をする上で不要なもの・ことは排除するよう努力するのは、ビジネスでは欠かせません。現状を踏まえ、戦略や方針の再検討、特に今の時期内定が無い場合は企業選びで間違っている可能性もありますので、粛々と冷徹に自己を見つめ直し、引き続き活動に臨んで下さい。

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


| 1/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM