本サイトについて

本サイトは日本初の理系専用就活ガイドブック「理系のためのキャリアデザイン -戦略的就活術」をベースに、理系の大学生・大学院生が、いかにしてその特性を生かして、ちまたに情報のあふれかえる文系に負けない、戦略的な就職活動ができるかをサポートするためのものです。平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても合わせて解説していきます!
2015年からの就活時期変更にも対応表があります。

 

アマゾンは欠品することがあります。そんな時は
ジュンク堂・丸善http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?isbn=9784621088258 
生協http://www.honyaclub.com/shop/g/g16171752/などでも入手可!)


理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術(丸善出版)
現状把握編「理系の就職とは」
戦略構築編「敵と己を知る」
就活実践編「戦略的就活の展開」

の各編と、それぞれの章の中からランダムにトピックを選び、順次開設していきます。それぞれの記事では参照ページを示していますので、本を読んだ方はそのページの主旨と合わせて読むことで、より深い理解ができることを目指しています。


本の感想や質問なども、メール(アドレスはサイト右側に)をいただければ、本サイトで紹介したり返信できる場合もあります。(返信を確約するものではありません)
文系に負けない就活の成功を祈ります。

NEW!

マイナビ2019・理系マイナビ「理系就活の進め方」

理系就活の全体像

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/

就活準備編(自己分析)

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/01.html

企業研究編

https://job.mynavi.jp/conts/2019/sci/rikeisemi/02.html

今後さらに公開が進みます。

 

 

日本経済新聞の学生向け情報サイト「日経カレッジカフェ」連載記事

理系学生のための企業研究

(1)時間とエネルギーをかけないで進める方法とは?」
http://college.nikkei.co.jp/article/85045216.html

(2)「ゲームが好きだからゲーム会社」でいいの?」

http://college.nikkei.co.jp/article/85213217.html

(3)会社がほしいのは社会貢献より「会社」貢献する人

http://college.nikkei.co.jp/article/85224918.html

(4)効率良く就活するにはビジネスモデルの理解から

http://college.nikkei.co.jp/article/86262715.html

(5)なぜ外資金融の新卒は1000万円もらえるのか?

http://college.nikkei.co.jp/article/87242915.html

(6)公募か? 推薦か? OBとの交流は情報の宝庫(最終回)

http://college.nikkei.co.jp/article/87255615.html

 

リケ就のコミュ力講座
(1) コミュニケーションの原則〜「しゃべり上手」でなくていいワケ

(2) 理系の落とし穴〜「しゃべらな過ぎ」と「しゃべり過ぎ」

 
マイナビ2018・特集「理系の選択」総合プロデュース
Vol.1 理系就活の全体像
(特集末に、増沢の特別インタビュー)
      
 
2015年経団連の時期変更についてはこちらで解説しています。

【重要】2017卒就活スケジュール  p.117「一般的理系就活スケジュール例」改定

http://rikei.rm-london.com/?eid=62

 

 

作者

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

 

 


東北大「博士のためのジョブフェア2018」10/26(金)開催!

東北大博士後期課程在学中の皆さん、

 

毎年恒例の博士のためのジョブフェア2018が、今年も開催されます。

10/26(金)青葉山キャンパス、キャンパスサイエンスホールです。

 

今年も40社という、内外を代表する企業が「博士を求めて」来校します。ジョブフェアは博士後期課程学生とポスドクという博士人材だけを対象としており、修士以下の学生は参加できないため、じっくり企業を知るにはこれ以上ない機会です。

 

詳しくは、東北大ILPサイトにて;

http://www.career.ihe.tohoku.ac.jp/ilp/job-fair

 

尚、この日の午前、出展企業を相手に、ポスターセッションを行います。

すでにポスター参加希望者を募っていますが、ほぼ締切り枠に達する人気です。

ポスター参加者には、ILP教員による事前みっちり指導が受けられます。

 

学会発表とは全く異なる趣旨である、「対企業」プレゼンテーションがどんなものか、実体験する貴重な機会です。

ポスターに参加できなくとも、当日会場に来て空気を感じるだけでも意味があると思います。

 

ぜひ事前登録をお勧めします。

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


経団連就活時期見直し発言と迷走する安倍首相 就活時期変更への「戦略的就活の考え方」

経団連会長は就活時期の見直し、廃止について発言し、大きな関心を呼んでいます。

それに対し安倍首相は、自民党支持者向け集会での大学生からの質問に対し、現行制度(就活ルール)をしっかり守ってほしいと反対姿勢を表明しました。

ところがその後、首相の補佐官である菅官房長官は「それは現状の学生向けのことで、21卒就活からの見直しには(安倍首相は)反対ではない」と、真っ向から否定しました。

首相と官房長官という政権中枢の迷走ぶりからも、政治家があてにならず混乱していることがわかります。

 

この問題がどうなるか、今の時点では不明ですが、現在B3/M1で就活をしている人にとっては全く関係ないと割り切りましょう。

少なくとも制度が変わるとしても2021年卒からのこと。

変わるかどうかもわかりませんし、今就活している人がそんな先に影響が出ることはありません。

 

もう一ついえば、就活時期は今後も話題になり、変更もなされるでしょう。

しかしそれはあなた一人が不利になることは絶対にありません。

世代全員が等しく条件が変わるものです。恐れる必要など一切ありません。

 

「戦略的就活」は答えを求めるものではなく、答えの出し方、つまり思考を鍛えることで、どんな環境、どんな条件下でも判断ができ、活動できることを目指しています。常に本書で訴える基本に立ち返って考え方がずれていないかを確認すれば、この先どのような制度となっても対応はできます。

 

 

ちなみに・・・・・

安倍首相は2015年に、現行ルールの「採用活動解禁は6月」を突如「8月」にずらすと宣言し、実行されました。

一見学生や大学の意図に沿ったものとその時歓迎する声は一部あったものの、企業だけでなく就職問題の専門家は、こうした思い付きの人気取り政策はかえって現場の学生や企業を混乱させると反対でした。

 

結果、2017卒就活は大混乱に陥り、学業に集中どころか、大学と学生は通年就活に振り回され、企業は選考が長期化してしまい大きな採用コスト増を強いられるなど、大学・学生・企業の関係者すべてから猛反発を受け、通常の政策では考えられない、たった1年で方針をひっくり返して元の「採用活動解禁は6月」に戻した前科があります。

 

若者にも大人気の安倍首相だそうですが、有権者の歓心を惹く政治をポピュリズムと呼び、長期的政策的整合性のないその場しのぎの人気取り政策として歴史的にも批判されてきました。例を言えばだれでも税金など負担はない方がうれしい訳で「減税します」「税金なくします」「補助金増やします」という政治家は、その結果減った税収をどうするか一切責任を取らない、正にポピュリズムといえます。

民主党時代の首相だった野田氏は、消費税増税をうたって選挙で大敗し、民主党は解体されました。この時野田首相は行政の無駄をなくすことと、国会改革を行うことで「痛みを分かち合う」と当時野党だった自民党安倍総裁と合意して解散、総選挙に出たのですが、結果は???

 

残念ながら選挙で大敗し、政権が終わった野田元首相はポピュリズムの反対を行ったものの、政策が伴わず、また実戦の政治という世界ではあまりにお粗末なセンスだったと思います。

結局消費増税だけは確定し、実行すると新たに政権に着いた安倍首相は宣言しつつ、国会改革・議員数減どころか真逆の議員増を決めました。

もっとも議員が増えても目に見える税負担が増える訳ではありませんので、このことを知らなかったり意味を理解しない有権者がほとんどのようですが。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


学歴フィルター、あきらめる?戦略的就活の姿勢・・・・(p.125 選考中、企業では何が起こっているか)

「学歴フィルター」などという言葉がなかった30年も40年も前から、学歴による選考への批判はありました。

p.125 「選考中、企業では何が起こっているか」では、学歴フィルターについても書いています。

 

自分の大学の偏差値が低いことに劣等感を持つのはいってみれば普通のこと。そうした大学名による差別があるかどうかは、当然明確にする企業はないものの、現実問題として有名高偏差値大学と偏差値で劣る大学の学生がいた場合、影響がゼロというほうが現実感がないといえるでしょう。

 

ではこれは単純にあきらめれば良いのでしょうか?

「戦略的就活」に「不利だからあきらめる」という考え方はありません。

不利を承知で少しでも成功に近付けることを目指すのが正に戦略です。

これは戦略的就活のかなり重要な思考で、単純に戦力(偏差値)の差だけで採用が決まるなら、戦略などいらないのです。

 

今だけでなく、当時も世界最強の軍隊だったアメリカは、ベトナム戦争において、アジアの発展途上小国ベトナムと戦いました。戦力さは大人と子供以上。軍事的には全くあり得ない差です。

そこでベトナムはべトコンゲリラを組織しジャングル戦に持ち込み、強力なアメリカ軍の戦車などが使えないフィールド(戦場)で戦いました。

核兵器でベトナムを地球から抹殺するという選択は、当時でも(もちろん今も)現実に不可能です。ゲリラ戦では大部隊、大戦力がその効果を出せないのは、史上最強陸軍だった旧ソ連軍がアフガンゲリラの故マスード司令官の指揮により、アフガン戦争を事実上負けたのと同じです。

 

戦力差や偏差値の差が、低い方に有利になることはありません。しかしそれであきらめるのではなく、どこの戦場で戦えば少しでも優位さを克服できるか、最終的には逆転できるかを考えるのが戦略です。

 

p.125 「選考中、企業では何が起こっているか」に、学歴フィルターについても書いたように、企業は偏差値だけで学生を選考することはありません。どこで勝負するか、自分の立場が不利だと感じている学生は、ぜひ考えましょう。これはもちろん理系に限らず、芸術系・美大生も同じです。

 


今日の参照ページ
p.125 「選考中、企業では何が起こっているか」


 

JUGEMテーマ:就職活動


真の残業時間?秋からのスケジュール・・・・(p.116 全体スケジュールの概略) 

就活を既にしている皆さん、インターンシップなどで企業と連絡中の皆さん、

 

このところ企業のレスが遅かったり、途切れたりしていないでしょうか?

話が無くなったとか、企業がその気がなくなったと判断するのは早すぎです。なぜなら学生の皆さんには実感できないかも知れませんが、今日くらいまで、ビジネスの世界はお盆休み(夏休み)シーズンだったからです。

 

ほとんどの企業は今日あたりで休み期間は終わり、再びビジネスシーズンが始まります。

「夏休み」と呼ぶ期間を設ける会社は多く、特に理系学生が多く勤めるメーカー(製造業)など、製造ラインを持っている企業は、1週間とか企業によってはもっと休むところもあります。一方サービス業(金融、コンサル、商社他)のように、製造設備を持たない企業では、各自が自由意思で、好きなタイミングで休みを取る傾向が高いといえます。

 

つまりレスがないのではなく、会社が休みに入っている期間だった可能性が高いといえます。もちろん部署によっては休まないところもあります。ちなみに「真の残業状況を知るため、わざと遅い時間や休みの日に会社に電話をかけて『電話に出る』かどうかを確かめる」などという都市伝説のようなばかばかしいテクニックと称することを語る人がいますが、会社のことを知らな過ぎです。

 

会社組織も千差万別で、担当部署が直接電話に出るところもあれば、一括して総合受付にかかるところもあり、また業務によって商社や金融のように夜間も世界とつながって業務がある会社も当然あります。当たり前ですが、一人を寝ずに24時間働かせる企業などあり得ません。(こうした対応の部署は当番制などで対応することも多い。私も商社時代やりました。)

 

つまり電話などかけたところで残業実態などわからないのです。こんないんちきな手法で勝手な判断をするなど、戦略的就活では論外。せっかくの企業選びを無意味で非科学的手法で無にすることになります。(一部のサービス業などで有効性が無い訳ではないが、物販や接客業に就かない学生にはほぼ無意味)

 

姑息なテクニックと称する手法をことごとく否定している「戦略的就活」では、そんな小手先の、しかも不正確なやり方ではなく、あくまで正攻法で、ど真ん中の企業研究をこれまでも、これからも進みます。

 

 

さて、本書p.116並びにスケジュール変更後の修正 http://rikei.rm-london.com/?eid=62 で解説しています就活スケジュールについて見ておきましょう。

 

現在B3/M1で、これから就活を始める人は、まだあせらなくて大丈夫。むしろ学校の勉強、特に卒業・修了単位数などしっかり確認していますよね?今はまだ勉強が第一優先です。

もちろんキレイごとだけで進む訳ではありませんので、上記 http://rikei.rm-london.com/?eid=62 の全体像は確実に理解しておいて下さい。

 

特に今から秋口にかけて、企業研究のタイミングとしてお勧めします。くりかえし説明しています「p.96企業を知る」を実践するタイミングです。この中の、できること・できないことを自分で判断し、ぜひ実行に移して下さい。

 

尚、私は東北大だけでなく、東京理科大、日本大学生物資源科学部、秋田美大に加え、電気通信大でも10月は講座を開く予定です。また決まれば告知します。

 

 

参照ページ

p.116 全体スケジュールの概略

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


| 1/36PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM