ES連敗/面接連敗中の人へ・・・・(p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」 )

会社説明会、合同説明会も開けない今年の就活ですが、一方で選考は進んでいます。

このところ個人相談でも非常に増えているのは「ES/面接に連敗する」「全然通らない」というものです。

それも旧帝クラス、早慶上理クラスの大学生、大学院生なのに、です。

 

こうした「高偏差値大学生・院生なのに厳しい」という人と15年付き合ってきました。

実は今年だけでなく、毎年たくさんいるのでした。

 

全員ではないですが割と共通する点を感じます。それは情報の取り扱いを間違えていることです。

 

具合悪くて医者にかかる時どこが悪いかを説明しますよね?もしその時説明が不足していれば、治りも遅いし、下手すれば悪いところに医者もたどり着けません。

説明不足=情報開示ができない人 が非常に多いといえます。

 

「今、どんなところに応募してますか?」と聞いても、「メーカーです」では全く情報に意味がありません。これでは就活状況はビタ一文わからないからです。医者で「具合悪くて不調です」としか言えないのと同じで、説明ができないのです。

 

中には説明が本当に下手で、自分からうまく言えない人はいますが、私は産業カウンセラー資格を持ち、何百何千人ものメンタルカウンセリングもやっていますから、そうした不得手な人の対応はいくらでもできます。問題なのはそういった人ではなく、普通に話せるにもかかわらず、キャリア相談の場面で無駄に情報を隠したり、開示できない人のことです。

 

「メーカーに応募中」しか言われなければ何のも検証できませんが、「化学メーカーで研究職志望。三井化学、富士フイルム、東レはES落ち。信越、電化は1次面接通過。OOOとロロロはES結果待ち中」と説明してもらえれば、いろいろ作戦も練ることができるでしょう。

 

つまりキャリア相談で漏れ出てしまう説明能力は、就活で最も重要なビジネスセンスなのです。そしてそのセンスを伝えるのがESであり面接です。

苦戦するたくさんのESでは、なかなか戦略的就活の最重要点である「Why&How」という視点で書かれていません。

 

結局自分の書きたいこと、いわゆるネタを並べただけで、読む人(企業)から見れば、それがどれだけすごいのか、評価すべきなのかが全く書かれていないことになります。

 

本書p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」は特にES対策で重要です。

繰り返しますが、自分だけがわかっていても相手に通じないエピソードやネタで評価されることはありません。

 

〇〇をやりました

〇〇委員を務めました

〇〇というバイトをしました・・・・

 

こうしたネタ(What)のられつは、部外者には全く評価する基準がわからないのです。それがどれだけたいへんなのか説明することこそ応募学生に求められているコミュニケーション能力です。

それが「Why&How」であって、p.133を理解せずにどれだけESを書きまくったところで、おそらくピントは合わない内容になってしまう恐れがあるでしょう。

 

 

もう一点。

「たいへんでした」「難しい」「がんばりました」

は、スピリットの問題。たいへんだったのだろうとは思いますが、実験同様に:

 

元(現状)

実験

結果(変化)

 

このHow情報なしに、いくら「すごい」と自分で言っても、それが伝わることはありません。

ここになぜ上手く行ったのか(逆に上手く行かなかったのか)というWhy情報があれば、説得力が全く変わってきます。

 

しつこくてすみませんが、本書を理解せずに言葉じりだけまねても、仮にESが通っても面接でバレます。

「通るES」のためにもっとも重要なWhy&Howについて、今一度p.133は読み返して下さい。

 

 

 

今日の参照ページ
p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

検索

Google

プライバシーポリシー

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM