理系と英語能力・・・・(p.43 (2)英語力、外国語能力)

理系学生にとっても英語力は関心の的です。
エントリーシート(ES)でも面接でも、「英語力」を聞かれることはよくあります。もちろん「TOEIC900です!」等と答えられる人は悩む必要無いでしょうが、もっとビミョーなスコアの場合、どうでしょう。

TOEICスコアはAからEまでのレベル(バンドと呼ぶ場合もあり)がありますが、そのBレベル( 730 〜 860点 )の下限である730というのは、一応の目安になると思います。一般的な理系職の場合、730を持っていれば、英語力だけで落とされる可能性はかなり低くなるでしょう。もちろん外資系企業や国際的な業務を含む職務、文系就職などは別です。

某世界的ハウスホールド(日用品)メーカーなどで、800未満は採用しないなどというところもありますが、理由があります。実際仕事をする段になれば、こういう外資系企業は日本という単位ではなく、アジアパシフィックのような単位でプロジェクトを進めるため、英語で仕事ができないと話にならない可能性があるからです。ちなみに900スコアがあるからといって、それだけで英語で仕事ができるわけではありません。ただ800とか900無い場合は、最低自分の言いたいことくらいは表現できたとしても、相手が言っていることは理解できない可能性が高いので、仕事は簡単ではないということでしょう。

ただ、理系の英語力については本書p.43「
 (2)英語力、外国語能力」の通りです。
そして730だとしても決して低いハードルではありません。
今どき英語に関わらない職務は存在しないと言ってよく、今すぐ必要なかったとしても、この先のキャリアを考えれば確実に英語ができることは可能性を何倍にも広げることになり、逆に英語ができないことはその可能性を半減どころか1/10以下に狭めることにもなりかねないと思います。

幸い理系職であれば、最低500くらいとしている企業も、メーカー中心に一定数の会社があります。これはもちろん500あればOKという意味ではなく、最低選考を進められるレベルという意味です。しかしここに理系に求める英語力の意図が読み解けます。
本書p.43「
 (2)英語力、外国語能力」では、理系に求める英語力の意味が解説されていますが、英語での仕事であっても、専門用語を理解できれば、あとは何とかなる可能性が高いのが理系職務です。しっかりした理系としての勉強、専門知識を持っていれば、最低限の英語力であっても採用に至れる可能性がありますので、ぜひあきらめないで下さい。

では500すらない場合や、英語以外の外国語能力についても解説しています。子供のころその地域で育ち、ネイティブ並みの語学力があるのであれば、どんな言語であれ当然大いにアピールすべきです。少数民族語であっても全く問題ありません。
逆に中国語やスペイン語などポピュラーな言語であっても、ビジネスレベルに達していないものはほぼ評価になりません。まずは英語でビジネスればるを目指すのが最優先です。


今日の参照ページ
p.43 (2)英語力、外国語能力


JUGEMテーマ:就職活動

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM