大学院生なのに「学部時代に力を入れたこと」を聞かれたら・・・・(p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」 )

「戦略的就活」では表層的就活テクニックやノウハウより、「思考」を重視します。残念ながら1時間程度のセミナーではそうした思考プロセスを全部お話しはできないので、ぜひ本書を読んでいただきたいと思っています。今回は大学院生というセグメントの話です・・・・

 

理系の場合、文系の10倍以上大学院、つまり修士に進学する割合が多く、特に国立や上位校と呼ばれる大学では逆に学部で就職する割合の方が圧倒的に少ない逆転現象が普通です。

東大、京大、東工大クラスで9割、早慶でも6〜7割が院進学するといいます。「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」では、ほとんどすべての就活本や就活情報サイトが「学部生」または文系を想定して書かれているのに対し、日本で初めて大学院での就活も全面的に取り上げました。

 

「学部就職情報のついで」ではなく、特に戦略的就活では大学院生の就活はきわめて理にかなったものであり、Fランからトップまで、というまんべんなく、言葉を変えれば「誰でも通じる」考え方は、逆に誰にとっても意味が無い情報になりかねないことを排除しました。

本の売れ行きや講演依頼も上位校の生協や上位校からの依頼が圧倒的に多い状態です。

 

当然のことながら、中堅〜低位校を無視している、のではありません。戦略が違うのです。単純に人材スペックが高ければ内定=採用ならば、誰も苦労はしません。しかし上位校でも戦略観のない、行きあたりばったりな活動をしていれば、今でも無い内定状態どころか、ESも全く通っていないという人もいくらでもいる状況です。

 

逆に偏差値ランクが決して高くなくとも、戦略観を磨くことで、人気企業、大企業に内定を得られた人はいくらでもいます。生協の就活フェアでは個人相談を何件か受けました。そこで話したある学生は決して上位校ではなく、中堅からどちらかといえば低位に近い大学学部生でしたが、実に明確な戦略観を持っていました。

 

決して超人気企業は狙わない、しかしB2B系の、ビジネスの世界では相当有名な、なおかつ優良企業に的を絞り、正に戦略的な作戦を立てようとしていました。実は彼からは4月早々にすでに内々定の報告をいただきましたが、当然だと思いました。某一部上場企業のメーカーということで、失礼ながらその大学でその企業というのはかなりのものと思います。

きっと入社後も活躍されそうなことを企業もわかったのだと思います。

 

----------

さて、では大学院生です。院生なのに「学部時代に力を入れたこと」、いわゆるガクチカ質問が来たとのこと。

本書p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」には、正に活動実践のキーポイントが書かれています。

考えてみて下さい、大学院生(修士)に、わざわざ学部時代の情報やエピソードを書かせる必要はあるでしょうか?もしかしたらあるかも知れません。しかし普通に考えれば、わざわざ古い話を持ってくるのではなく、単純にその企業は文系や理系学部生採用が多く、ESも学部生向けに作られているだけの可能性はないでしょうか?

 

企業の人員構成を考えれば、特に営業に力を入れている大企業・メーカー・商社であれば、社員の過半数は営業であり、その構成は当然文系学部生です。新卒文系で院に進む率はきわめて低いので、また採用を管轄している人事部門の人たちの時代は理系でも学部卒がメインだった時代の可能性もあり、ESの設問が「学部時代」と書かれているのかも知れません。

 

真相はもちろんその企業しかわかりません。しかし戦略的就活では、何より「What」(どんな情報?どんなこと?)ではなく、「Why&How」(なぜ?どのように?その情報・行動・判断を行った?)が最優先です。

 

そうであれば、「学部時代に力を入れたことは何か?」と聞かれても、サラッと学部時代のことに触れ、ついでに現在修士で力を入れていることを書くのはどうでしょう。

繰り返しますが、正解が何かはわかりません。

 

しかし設問に「Why&How」で答える姿勢であれば、少なくとも致命的な減点にはならないのではないでしょうか。

むしろ常に「真の意図」は何かを考えて行動する、目の前の正解思考に右往左往しない姿勢こそ、評価を受ける可能性は高いと思います。特に人気企業、有名企業であれば、誰もが無難で面白みのない、模範解答合戦になっています。

 

そこで真の目的を見る目がアピールできたら、多くの有名大学の志望者群の中で、頭一つ抜けられる可能性があります。

 

 

今日の参照ページ
p.133 エントリーシート対策のカギ「Why&How」

 

 

JUGEMテーマ:就職活動

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

検索

Google

プライバシーポリシー

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM