10/2(金)生命科学研究科キャリアガイダンス

東北大学生命科学研究科の皆さん、

毎年やっているキャリアガイダンスが10/2(金)13時30分から行われます。

https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/oncampus/career/guidance.html

 

オンライン講座なので事前申込みしないと見ることができません。

・コロナ下でどう就活するのか?

・ライフサイエンス大学院生に期待されることは何か?

・製薬会社の実際

など、3年担当してきた生命科学研究科の事例に基づき解説します。

 

東北大生命科学研究科学生なら修士も博士後期課程も参加可能です。

ぜひ申し込んで下さい。

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


志望動機の書き方・・・・(p.133 エントリー)

モロなタイトルですが、インターンシップ始め、早い企業は既に本番エントリーを始める企業も出ているので志望動機について見ておきましょう。

 

インターンなどで初めてES(エントリーシート)を書く方も増えています。「エントリー」がどんな意味かは本書p.133「エントリー」で確認して下さい。何をすべきか理解して書かないと、意味がありません。もちろん何度も書き直しはするものですが、方向性を認識して直すのと、同級生や先輩といった実際の選考をする立場ではない、ど素人の意見で突き進むのは一番効率が悪く無意味です。

 

わかりやすくいえば、一度も交際したことない友だちに女性の口説き方を指南されているのと同じです。

じゃあ内定長者でたくさん内定取れた先輩なら頼りになる・・・・でしょうか?

 

いえ、内定を5個取ろうと5万個取ろうと、その人は一度も「採用をする側」にいたことはありません。あくまで成功したド素人なのです。内定を取ったことに意味がないということではありません。「なぜ採用されたのか」というメカニズムをわかった上でのアドバイスでないと、それは単なる経験則または結果論にすぎず、それをマネするのは単に楽なだけです。

 

楽をすることも全然悪くありません。しかし成果や結果につながらない「楽」って意味あるんでしょうか?

 

成果につながる「楽」なら意味はあるでしょう。

エントリーシートで求められることは求められることはp.133から4ページに渡って書いてありますので、必ず読んだ上で取り組んで下さい。



今日の参照ページ 

p.133 エントリー

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


東北大 博士のためのジョブフェア2020 プレゼンター募集

東北大学が毎年開催している博士人材(博士後期課程学生とポスドク)専用の合同企業説明会「ジョブフェア2020」は今年も行われます。初のオンライン開催となります。

 

東北大在学中の博士後期課程学生のため、毎年当日希望者限定で行っているポスターセッションを、今年はオンライン化のため「Drプレゼン」と名前を変え、3分間のPPTプレゼンとなります。

自己紹介、研究紹介などコンパクトにまとめるプレゼンテーションは、博士として行う就活そのもので、実践トレーニングとなります。

東北大学高度イノベーション博士人材育成ユニット(ILP)の教員がマンツーマンでトレーニングし、当日集まる博士を求める企業にダイレクトなアピール、自ら売り込むチャンスです。

 

申込みはこちらのリンク(【ジョブフェア2020】 Dr.プレゼンター申込書)から

http://www.career.ihe.tohoku.ac.jp/archives/jpnews/jpnews-5205

 

締切までに申込みが難しい場合はILPにメールでご相談下さい。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


インターンシップで爪痕を残すべき  ?・・・・(p.118 インターンシップ) 

永遠のテーマともいえる「インターンシップに参加すべきかどうか」については本書p.118に書きました。

今既に参加している人もいるでしょう。

 

最近はワンデーはじめ、短期のインターンシップが激増しているので、なかなか印象を残すと言っても簡単ではありません。

せっかく参加したので、何らかの爪痕を残したいという思いは誰にもあるのではないでしょうか。

その考え方は間違いではないと思います。

 

ところで私は昨日もまたテレビ番組に出演しました。

ワイドショーのコメンテーターとして、ガダルカナル・タカさんや萱野教授らとともにスタジオで(よく出演するのはビデオ収録で、事前に決まった内容を話しているところを録画するもの)生出演です。

こんな時にいつも考えるのは、「爪痕を残すべきか?」です。

 

いや、残すべきだと思うのですが、それは一歩間違えると自らの立場を危うくします。インターンシップも同じですよね。

例えば変な服装や変な髪形など、外形的な特徴をアピールすればそれだけで目立ちます。

 

予備校の先生で不思議な服装で授業する方が昔からいますが、これは典型的外形的特徴を売る例です。

しかし予備校のように定期で毎回必ず授業が設定されている場合は良くても(必ず契約内なら次回がある)私やインターンシップの皆さんは「次がある」かどうか、誰にもわかりません。

 

下手に悪目立ちしてしまえば次は無いことになります。

芸能人で「タメ口キャラ」が流行ると便乗し、意図的になれなれしい話し方をしても、結局本家にかなわずウザがられて二度と呼ばれなくなるタイプです。

 

これは何としても避けたい。

結局私は「前に出たい」とは思うものの、特別なことは何もせず、打合せ通りの進行に従って収録は終わります。昨日もそうでした。突如ISISニュースが飛び込んできて、台本が大幅に変わり、かなりアドリブで対応しなければならない部分が増えましたが、これは台本にないことを話すのではなく、台本通りに信仰しないでバンバン内容を飛ばして進むというものでした。

 

プロの話し手でも大変なのに、素人の私が・・と思いましたががんばって流れを読み、着いていきました(そのつもり)

1時間近い収録が終わってどっと疲れました。

(本気で疲れてその後喫茶店で1時間死んでた。ケーキで生命維持しつつ)

 

結果として一度テレビに出ただけで終わるかと思っていた私ですが、ここ何年もバラエティやニュースに呼んでいただけています。

細々とした出演ではありますが、これはこれで私の立場なら大成功だと思っています。

 

「テレビを見た」ということで講演や講座のご依頼もいただけるし、大学講義でのつかみにテレビ話はウケるし。

 

と、いうことは、「爪痕残せず、台本進行通りにやった」ことは失敗ではないのではないでしょうか。

ビジネスは結果がすべて。

結果として仕事が続いているということは失敗ではありません。成功と言ってよいと思います。

 

であればインターンシップにおいて爪痕残せなかったなというあなたも、失敗だとは思いません。

この後、お礼メール送る等、礼儀正しく対応しておけば、本番の就活でもきっとインターンシップの経験は無駄にならないでしょう。

無理やり爪痕残そうとして却って嫌われるより、この方がビジネスセンスを感じさせる対応だと思います。

 

何もできなかったという方、その思いを記録し、後で就活本番で使えたら、きっと良いエピソードになると思います。ただし!p.119にあるように、(これはほぼ理系院生)先生との関係性は十分注意して下さい。

 

 


今日の参照ページ 

p.118 インターンシップ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


今からでもインターンシップはアリ?ナシ?・・・p.118インターンシップ

お盆も過ぎ8月下旬となりました。

インターンシップにチャレンジした人だけでなく、チャレンジしたけど結果としてインターンシップに参加できなかった人。

結局エントリーしなかった人

したけど、いろいろ事情があってインターンシップはしていない人

 

さまざまな人がいることでしょう。

 

今でも個人相談で「インターンシップには今からでも参加できますか?」とか「今からでもインターンシップには行った方が良いでしょうか?」と聞かれます。

 

私がインターンシップを受け入れる訳ではないので「参加できるかどうか」決められるのは、その応募先企業だけです。直接聞くしかないでしょう。

マイナビなど就職ナビに登録しているB3/M1の人は、インターン情報が掲載されているはずなので、そこで募集が続いている、応募可能であればわざわざ聞かなくとも、恐らく今からでも受け入れてくれる可能性はあるのではないかと思います。

 

単に掲載を止めるのを忘れていた場合もあるかも知れませんので、必ず自分で確認して下さいね。

 

さて、いずれにしてもこの先、インターンシップに行くべきなのか?

 

 

コロナで大きな環境変化はありましたが本書p.118「インターンシップ」を参照して下さい。

そこに書かれていることは現在でも全く変わらないと思います。

 

いろいろ考え方や一長一短あることでしょう。しかし忙しい理系学生は、昨今の環境下ならオンラインインターンシップもあり、選択肢は増えたと思います。

ぜひp.118の基準で判断されるべきと思います。

 

 

今日の参照ページ
p.118インターンシップ 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


| 1/28PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

検索

Google

プライバシーポリシー

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM