資格はパワーアップアイテムなのか?? 増沢 隆太

INSIGHT NOW!掲載

「資格はパワーアップアイテムなのか?? 」増沢 隆太

https://www.insightnow.jp/article/9806

 

大学生の就活シーズンもいよいよ本格化し始めます。10月11月の段階ではこれから就活を始める学生向けのガイダンスをあちこちで行いました。そんな中受けた質問に「就職に資格は必要ですか?」「取るなら何が良いですか?」です。私が大学教員を始めた15年近く前から聞かれ続けている質問です。

 

1.資格って何?

続きは

https://www.insightnow.jp/article/9806
 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


11/8(水) 東京理科大学(神楽坂) 大学院生のためのキャリア講座 修士の選択、博士の選択 開催! 

東京理科大生の皆さん、

 

11/8(水) 18時から、東京理科大学(神楽坂) キャンパスにて、「大学院生のためのキャリア講座 修士の選択、博士の選択」が開催されます!

 

第1部 18:00〜18:50

講演「大学院(修士・博士課程)修了後の働き方と、可能性の広げ方」

講師:人事コンサルタント/元東工大特任教授  増沢隆太

研究を仕事にする?できる?研究以外にもある大学院生キャリア。その実態は?

 

第2部 19:00〜20:30

大学院生採用企業パネルトーク 登壇企業:東レ、東京ガス、ボッシュ 、産業総合研究所(産総研)

ファシリテーター(司会):増沢隆太

 

東京理科大学神楽坂キャンパス2号館2階224教室

 

ぜひお越し下さい!

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


11/6(月)日大生物資源科学部特別講座「企業研究講座」登壇

11/6(月)14:40〜16:10 16:30〜18:00

日本大学生物資源科学部にて「企業研究講座」が開催されます。

http://www.brs.nihon-u.ac.jp/wp-content/uploads/9117409a2a04c9503fb0c500a43b976d.pdf

 

増沢が上記2回とも講師を務めます。生物資源科学部の皆さん、ぜひ参加して下さい。

尚、対象は全学年。学部3年だけでなく、院生の方が来ても参考になるはずです。

 

企業研究といっても、何を、どうするべきなのか、わかりやすく語ります。

最も大切で、なおかつ学生の皆さんが苦手とする企業との直接コミュニケーションによる情報収集など、戦略的で効率的就活のヒントです。

予約不要だと思うので、生物資源科学部の皆さんはぜひ来て下さい。

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


マイナビTVでの質問について その1

10/19(木) 19時から生放送されたマイナビTV(インターネット番組)

理系学生のためのキャリア形成講座〜理系学生向けインターンシップ効率的参加術!〜

動画がアーカイブされました。

 

マイナビ2019登録者の方は無料で見られますので、ぜひご覧下さい。

http://jobtv.mynavi.jp/rec/0170dQV1Rku1qST6BVr/

(未登録者は視聴できません)

 

また、その番組中寄せられた質問について、一部ですが回答をまとめてみました。

特に就活が始まる前の問題について中心に答えています。(ESやGD/面接対策の技術的なものはまた機会あればお答えします)

ご参考までに。

 

******************

Q:留学時期と就活時期が重なる場合はどうすれば良いでしょう?

A:留学と就活タイミングが重なる場合も、可能ならネットエントリーなど出来るなら、活動した方が良いと思います。帰国を待ってからより、とにかく企業からすれば早く良い人材を確保したいのがホンネなので、早く動けた方が便利なのは間違いありません。
ただし!普通の勉強だけでもたいへんな留学生活で、さらに就活までできるかは、しっかり自分で判断する必要があります。留学も就活も中途半端にどっちつかずになるようでは全く意味がありません。
尚、会社説明会やセミナーなどは留学という正々堂々たる理由があれば出なくても大丈夫か、あるいはそれを認めないような企業ならば、おそらく留学の価値も理解していない可能性があります。

 

Q:時間がない中、どう進めれば良いでしょう?
A:時間がないのは理系学生は皆共通で、理系でも時間に余裕あるという人は普通いません。理系なら条件は同じです。だから効率的に、研究や実験の合間や夜、企業研究をするなど計画と実行が大事です。数撃ちゃ当たる式に、時間と根性で就活するようなことがないよう、しっかり準備しましょう。特に文系の人の話や現在のビジネスを知らない人(親や学生など)、素人意見、何の確証もないネット書き込みなどに振り回されないよう注意して下さい。

 

Q:何の結果も成果もありません。どうすれば良いですか?
A:学生はプロの研究者でもビジネスマンでもありません。結果など無いのは普通だし、仮に結果があるとしても、プロから見たら結果とは評価されないことも普通にあります。
自分の業績が結果として評価されるかどうかのような不毛な、正解志向な判断に時間やエネルギーを割くのはやめて、勉強や研究を売りにするのであれば、その研究をするに際しての問題意識や仮説設定のプロセス、その検証方法(実験含む)を用いての活動説明を中心とすべきでしょう。
こう考えて研究に取り組んでいること、実験が上手くいってない理由もいくつか検証してること、というような思考訓練を今まさにしているということなら、結果も成果も無く、説明できるのではないでしょうか。

 

Q:英語力を磨くべきでしょうか?
A:英語ができないよりできた方が社会人として有利なのは間違いありませんが、今から英語に手を出す余裕はありますか?あるならやる。ないなら付け焼き刃で中途半端なスコアなど意味ないのであきらめ、研究のまとめや企業研究に注力し、英語が必要と言われたら、入社までに頑張るなど約束してはどうでしょう。
TOEICで800程度であっても、実際に仕事で使えるかどうかは全然別です。それ以下のスコアであれば採用においても参考程度なので、500に満たない人でも受験英語が得意だったらがんばれば600くらいは短期間で行けます。しかし英語が苦手だったり、受験で手を抜いていた人は、英語力を短期間で付けるのはあきらめて、他の理系優位性を狙う方が戦略的だと思います。

 

Q:インターン期間は短くても良いのでしょうか?
A:あらゆる経験はやらないよりやった方がましです。しかし全くインターンにも行かず内定取った人だっていくらでもいます。「インターンに行ったから内定」したのではなく、行った結果、会社理解や仕事の仕組みなどが理解できて就活に役立つのです。
行けるなら一日でも行く。どうやっても無理ならあきらめるで良いでしょう。

 

Q:理系同士、同じ専門分野同士ではどう差別化するのでしょう?
A:ご自分の勉強や研究では完全に同じテーマ、同じ対象、同じ手法と、総てが同じである人がゴロゴロいるのでしょうか?期間が違う、試薬が違う、設定が違う、、と自分で特異性やユニークな点を探し、その点を説明するのが戦略的就活です。
「ざっくりほぼ同じ」で済むなら、理系の勉強はみんな、ある事象や物質(生物)を科学的に調べてるだけになりませんか?相手(企業)を説得できるかは、自分の勉強の説明をいかに丁寧にするかにかかっています。おそらく説明の文言や、文字数まで完全一致する研究など確率的にあり得ないはずなので、大ざっぱにひとくくりにまとめるのは止め、自分の言葉でちゃんと説明できるよう、しっかり考えましょう。この一番大切な武器において手を抜くと、就活最後まで不利なままで進むことになります。

 

Q:博士後期課程学生の就職はどうすれば良いですか?
A:学年、課程が上がるにつれ専門性の高さも上がり、よりユニークさ、先進性、新奇性などの価値も上がるはずです。学部生と修士と博士が全く同じことをしているのなら、確かに評価されることはないでしょうが、現実にそんなはずがないですよね。結果ではなくプロセスであり視点、発想が評価されることは何も変わりません。
ただ、博士採用はしていなかったり、採用プロセスが修士以下と異なる社もあるので、しっかり募集要項は確認しましょう。
また、自分が博士課程でやっている研究そのまま「しか」やりたくない、というような社会性がない考えでは、どんな有名大の博士号があっても就職は無理です。自分の好きなことをやりたければ自費でやるしかありません。会社員、企業研究者としてキャリアを進みたいのであれば、自分の研究がこのように貴社のこの事業にも応用できるかもしれませんというくらい会社研究して臨むのは修士と同じです。
長年博士の民間就職を指導してきましたが、博士であるというだけの理由で不採用になった人には会ったことがありません。自分の専門分野の、応募先企業事業領域への応用や適応を調べていなかったり、説明しなかったり、アピールを手抜きしたり、自分(学生)側に不十分な対応があって、不採用となった例は、学部・修士学生と全く同じ様にもちろんあります。
 

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


マイナビTV、質問コーナーへの回答、近々オープン

10月19日(木) 19時からのマイナビTV(インターネット番組)

理系学生のためのキャリア形成講座〜理系学生向けインターンシップ効率的参加術!〜

https://job.mynavi.jp/conts/2019/tv/detail.html?sid=103

(マイナビ2019登録者のみ閲覧していば無料(登録無料))

 

たくさんの方にご覧いただきありがとうございました。

番組中の(生放送)チャット書込みもたくさんいただいて、大いに盛り上がりました。

 

尚、番組は時間が限られているためすべてのコメントや質問にはお答えできませんでしたが、近々公開されるアーカイブで再放送が見られるようになるはずなので、現在回答を作成しています。

特に多くの方が共有できそうな質問にはぜひ答えたいと思います。

 

マイナビさんのアーカイブ作成まで少し時間かかるかと思いますが、そちらができ次第回答も公開しますので、楽しみにお待ち下さい。

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


<< | 2/31PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM